« 退院 | トップページ | 別れ »

2010年7月29日 (木)

懊悩

食欲がどんどん衰えていくにつれて、目に見えて弱りだす。

時々ふらふらと寝場所を変えるのだが、足取りもおぼつかない感じ。

食餌はペースト状の高栄養チューブや、好きなものをすりつぶしたのを口の周りに塗ってなめさせる感じだったが、それすらもうあまり受け付けなくなっていた。とにかく栄養つけて欲しいから、ユンケルの錠剤を粉にしてほんのすこし混ぜてみたりもした。

それでも、もう最期が近いことはあきらかだった。

72728

〔クリックで拡大できます〕

28日、ちゃびのために荷物をなくして休み場所にしてある押入れの下段に失禁していた。夜になり、とても苦しそうな息づかい。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村

|

« 退院 | トップページ | 別れ »

【先代猫】ちゃびの思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562217/49002461

この記事へのトラックバック一覧です: 懊悩:

« 退院 | トップページ | 別れ »