フォト
無料ブログはココログ

« 替え歌その2 | トップページ | それまでの病状 »

2010年7月26日 (月)

病気発覚

そうこうしているうちに、2007年。

見かけによらずなにかと病弱だったので、ふだんから「室内飼いの平均寿命は15年だから、15歳までは頑張れよ」と話しかけていたのだけれど、春の終わり頃からひんぱんに吐くようになった。

それも、これまでのような「単なる吐き戻し」ではなく、カコッカコッとえづいて出す感じ。吐いたものもフードが少しと胃液のような液体だったり、ときには黄色い液体少量だけだったり。しかし、吐いたあとはけろっとしていたので、隠れた病気がどんどん進行していることには気づかず。

「なんか元気ない?」と思ったのは6月の終わり。

2122_3

6/20の夜から熱が出はじめ、21日には耳に黄疸が。病院へ行ってはじめて、肝臓の病気、しかもかなり悪いことが判明した。

〔注記〕飼い主=ブログ主デブのため、当時流行にさきがけてやっていたレコーディングダイエットのメモらんに下記を書いたのがきっかけで、以降ずっと病状メモが残ってる。

Diet_diary

6/20、はじめての病状書き込み(読みにくいけど「ちゃびの具合がわるい…」と書いてます)。

使っているのは学研の「FYTTE カロリー手帖」のふろく↓

4056059322

左上の「別冊付録」というやつ。もともとはアメリカで70年代につくられた「EAT & RUN」という食事と運動の内容を書きこむダイエットのための本がベースになっている。よくできているので愛用していた(肝心のダイエットのほうはいまでもいっこうに成果ないけど…)。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村

« 替え歌その2 | トップページ | それまでの病状 »

【猫】ちゃびの思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 病気発覚:

« 替え歌その2 | トップページ | それまでの病状 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー