フォト
無料ブログはココログ

« 【上海動物園】熊的経済利用 | トップページ | 無料ゲームが面白すぎる… »

2010年9月11日 (土)

【実録】中国では九官鳥にどんな言葉を教えるか

熊コーナーをすぎて、鳥コーナーへとやってきた。

中国の人は昔から小鳥を飼うのが好き。

香港などで早朝の公園へ行くと、自慢の鳥(歌う鳥たち=鳴禽(めいきん)=songbirds)を綺麗な鳥かごに入れ持ち寄って鳴き合わせ(歌の競い合い)をやってるのをよく見た。

聞いた話だけど、声のいい小鳥を飼い、愛好者同士こうした交流を楽しむのは、男性の老後の暮らしのひとつの理想形らしい。

…と、いうわけで上海動物園でも「鳴禽」コーナーは非常に充実していました。

鳥見(Bird Watching)好きで日本野鳥の会にもはいっていたことのあるわたしにはとても興味深かった☆

Songbirds
〔クリックで拡大できます〕

九官鳥に教える言葉は日本だと

「おはよう」「こんにちは」あたりだと思うけど、中国では

「もしもし」圧倒的! なぜだろう?…(^-^;

他の国では何を教えるのか、情報募集。

〔次回へ続く〕

↓お気に召したらポチッとお願いしますm( _ _ )m☆

にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村

« 【上海動物園】熊的経済利用 | トップページ | 無料ゲームが面白すぎる… »

A TRIP to上海 in 1996」カテゴリの記事

コメント

>>携帯用の辞書で武士語変換
そんなのあるんだ!
それがし無案内にて知り申さなんだ。
さてはや、ぴーしー版はないものでござろうかの。

おーーっと
ラルヲタ用の名をつかっておった

かわでござる
かたじけない...

て今マイブームさむらいことば。

携帯用の辞書で武士語変換できるやつ
はまっております

>>Mさん
コンニチハ。お返事遅れましたm( _ _ )m
フランス語ではジュテーム…
ボンジュールぢゃないのね( ̄▽ ̄)

フランスではきっと
Je t'aimeであろう

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【実録】中国では九官鳥にどんな言葉を教えるか:

« 【上海動物園】熊的経済利用 | トップページ | 無料ゲームが面白すぎる… »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー