フォト
無料ブログはココログ

« 【毛たん】ガジガジ→ガビガビ化【文庫本】 | トップページ | 【敬老の日】母とポーリー »

2010年9月19日 (日)

運動靴と赤い金魚

昨日は午後から図書館で開催されているイラン映画祭へ。

無料鑑賞デイということで、前々から観たいと思っていた

作品をスクリーンで観てきました♪

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

本邦公開時タイトル『運動靴と赤い金魚』 

原題 بچه‌های آسمان‎、 =英: Children of Heaven

1997年のイラン映画 〔マジド・マジデイ監督〕
モントリオール世界映画祭でグランプリを含む4部門を受賞
第71回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

原題に近いニュアンスで『天使のような子供たち』で告知
されていたせいか、お客さんも7分の入りでゆっくり鑑賞♪

物語のはじまりは、街角の老職人さんの手元アップから。
貧しいながらも懸命に生きている両親。その愛に包まれて
暮らすおさない兄と妹。

一足の履き古した靴をめぐる人々のつながり。

Sis
ぶかぶかの靴を履いて、いっさんに走る妹。
  …いったいなぜ?

919_2_2

洗って日に干してある、古びてよれよれの運動靴。
なにげないそんな場景さえ、キラキラ輝いて――

919_3 ナイス助演のみなさん

919_1

ラスト近くの印象的なシーン。

観終わったあと、なんともあたたかい気持ちになれました。

いい映画です。未見の方はぜひ。

ついでの小ネタ/
八百屋のおやじ、サダム・フセインに似すぎ( ̄▽ ̄;;)

« 【毛たん】ガジガジ→ガビガビ化【文庫本】 | トップページ | 【敬老の日】母とポーリー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

公開時にレビューで絶賛されてたから
見ようとしたら
出てくる顔が全員濃くてダメだった記憶が…

いたいけだけどたくましい子供って
好きなんですけどね

>>jazzmaineさん
いつもありがとうございます。
>>ぴろQさん
上海でも実感しましたが、庶民対庶民レベルでは
日本人も他国の人もそう変わりないかと。
近々その実感エピソードも書きますね(o^-^o)

見終わった後、何とも言えない・・・じ~んわり来る、味がありますよね~!
今の、国際状況下、イランの現状・・・そんなに悪い人ばっかりじゃないんじゃ?とか・・・思ったりします。

最後のコネタ。。宣伝効果

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運動靴と赤い金魚:

« 【毛たん】ガジガジ→ガビガビ化【文庫本】 | トップページ | 【敬老の日】母とポーリー »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー