フォト
無料ブログはココログ

« 【ブログバナー】自作してみた☆ | トップページ | 【占い?】夏至の朝に見る夢の意味 »

2011年6月21日 (火)

【映画】キッズ・オールライトを観てきた

さいきん観にいった映画。

Kidsar_1

Kidsar_2
〔クリックで拡大できます〕

アネット・ベニングとジュリアン・ムーアのレズビアンカップルは
同じ精子提供者の精子で男女ひとりずつの子を産み、四人
家族をつくって毎日楽しく暮らしています。
ところがある日、姉弟の弟のほうが、「父親に会ってみたい」と
考え、そうして、……

遺伝子学上の父親との交流が巻き起こすドラマがユーモラス
に描かれていて、最後はちょっとほのぼのして、ちょっと涙。

あのジュリアン・ムーアが美女のイメージをかなぐり捨てて
ほぼほぼノーメイクで熱演してるのにビックリしたけど(^ ^;)。

アネット・ベニングは――まぁあんな感じだな。このごろ。

★印象的だった台詞(うろ覚えなので内容ニュアンス)。

ジュリアン・ムーア演じるジュールス;
「わたしって、相手の沈黙をすぐに拒絶と思っちゃうの。
 ニック(アネット・ベニング:やり手の医者で実質的な家長)
 はああいう完全主義者タイプだから、彼女と暮らしてると
 いつも自分がまぬけな馬鹿に思えちゃうの」

すっごく理解できる~。
男女関係なく、常に人を追いつめるような言動する人いる。
そんで、一方には相手の沈黙に耐えられない人もいる。
自戒をこめて。

★印象的だったシーン。

ふたりの登場人物が、ある夜ジョニ・ミッチェルのレコード
「BLUE」がふたりとも好きだと知って、一気に意気投合。

Jm_blue

とてもジーンときました。

わたしにとってレコードで「BLUE」といえばこれ↓でしょ、

Otis_blue

というかんじだったのですが、ジョニ・ミッチェルも聴いて
みたくなりました♪

〔アルバム・イメージはamazon.co.jpより〕

とにかく、いい映画です☆ おすすめ!

↓拍手ボタンつけてみましたm( _ _ )m

 

↓気が向いたらポチっとPLEASE。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


« 【ブログバナー】自作してみた☆ | トップページ | 【占い?】夏至の朝に見る夢の意味 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】キッズ・オールライトを観てきた:

« 【ブログバナー】自作してみた☆ | トップページ | 【占い?】夏至の朝に見る夢の意味 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー