フォト
無料ブログはココログ

« 鎌倉殿の13人【フリー素材あり〼 | トップページ | 読み解き!アマビエ絵の添え書き »

2022年8月22日 (月)

【ネタバレ注意】鎌倉殿・頼家とせつ=若狭の局【翻刻してみた】

先日こちらもツイッターで流れてきたJAPAN SEARCH(公式)

https://twitter.com/jpsearch_go/status/1559050865826095104

Falbd10uyaa0d1l

についてた二人の絵姿に添えられた詞書(ことばがき)を
全文翻刻してみました。
かなづかいは旧かなのまま。原本はほぼ総ルビ
(オールフリガナつき)ですが、それだと読みにくいので
最低限今の読みと違う字や難読漢字のみ()でフリガナを
つけています。

ちなみに。冒頭「羽林」というのは役職名で、皇軍の長の意。
源頼朝の急逝により、建久10年正月20日に頼家は近衛左中将
=羽林将軍に任じられたけれど、皆さんドラマでご存じの通り
同年4月には職を解かれ、13人の合議制に移行してます。

【右ページ】
羽林(うりん)頼家


頼家は鎌倉二代の
将軍にて頼朝の
惣領(そうりょう=長男)なりけるが病に
よつて舎弟(おとうと)
千幡(せんはた)*君へ
西二十八ヶ国を
譲り御子一幡(はた)*
君へ東二十八ヶ国を
譲らんと規定(ぎぢやう)ある所
外戚(ぐわいせき)の比企義員**是(これ)を
不足として反逆を発(おこ)す依(よつ)て頼家も伊豆の
修善寺へ押篭(おしこめ)られ■***(つひ)に
北条の為に毒殺せられ給(たま)ふ
頼家伊豆へ押篭(おしこめ)られ給ひしより
人中(じんちゅう=鼻下の溝)に白気(はくき)横(よこ)ふ
過ぐ(すぐ)近臣等驚きて是毒死を遂(とげ)
給ふの御相なり といふ
頼家これを 誠(まこと)とし
給はざりしが
終(つひ)に毒の為に
卒(そつ)し給ふも
佛家(ぶつか)に所謂(いわゆる)
因か果か(=因果応報であろうか) 


*「せんはた」「一はた」とフリガナがあるので、
当時はこちらの読みも一般的だったのかもしれません。

**義員=「能員」表記が一般的。これにかぎらず、昔の人の
名前の漢字での書かれ方はとってもいい加減ですご参考まで。

***漢字変換不能。「境」のつくり部分です。

【左ページ】
若狭の局(わかさのつぼね)

局(つぼね)は比企判官義員の娘にて頼家に愛せられ
一幡君を産めりしが父義員若君の為に叛
逆(むほん)を発(おこ)しけるに早くも露顕して若君を
始め一族ことごとく北条の為に討れ又
頼家は伊豆へ押篭(おしこめ)られ給ふにぞ 泣々(なくなく)
従ひ参らせしに是(これ)すら亦(また)北条の
毒手に卒し給ふにぞ尼となりて
法臺尼(ほうだいに)といひ君をはじめ
一族の菩提を弔ひし
とかや 局面(おもて)は満月の
ごとく頤(おとがい=顎)豊(ゆたか)にして満月の
中に貫き貴子(きし)を産(うん)で
大いに栄(さか)ふの相なりしが又耳薄く
口小さく腰細くして薄
かりしは貧(ひん)を司(つかさど)る相なりしと
いへり
当(あた)れる哉(かな)出家は
貧の極(きわみ)といへり

出家は貧のきわみなんだね…(;^_^A 。

 

« 鎌倉殿の13人【フリー素材あり〼 | トップページ | 読み解き!アマビエ絵の添え書き »

【時代がなひろめ隊】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎌倉殿の13人【フリー素材あり〼 | トップページ | 読み解き!アマビエ絵の添え書き »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー