★はじめに★

ブログをはじめた動機と ブログ名の由来

2010年8月 9日 (月)

anyway,(とにかく) the show must go on(それでも人生は続く)

幕が上がった以上、なにがあろうとショーは続く。

どんなことがおころうと、フィナーレまで続く。

「人生は舞台」。一度そこに立ったら、なにがあろうと、降りずにやり抜こう、…そんな想いを込めたブログタイトルです。

“the show must go on”

ショー・ビジネスの世界では有名らしいこの慣用句を知ったのは

Qq90j

創元推理文庫「エラリー・クイーンの冒険」収録「首吊りアクロバットの冒険」

がきっかけだったけど、ネットで検索してみたらブリティッシュ・ロックバンドのQUEENにも同タイトル曲(エイズで世を去ったフレディの「白鳥の歌」らしい)があるのでご紹介。

Innuend

1991年発売。ラスト・チューンがthe show must go on。

ここでいうショーとは人生そのもの。

ちなみにシェークスピア翁も『お気に召すまま』で

All the world's a stage, And all the men and women merely players

とおっしゃっているもよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月24日 (土)

脳みそと押入れにたまったものたちを…

“もの”を売るためのしくみづくりをなりわいにしてるのに、“もの”を増やすのがキライである。

理由は「身のまわりにものが増えれば増えるほど、脳と心のなかも狭くなる」から。

「あれをどうしよう、これはこうしなきゃ、なくさないように…こわれないように…」そんなことをいちいちあれこれ考えたり差配したりするのがイヤなのです。

がっ、――そんなわたしにも増えるばかりのものがあります。

思い出の品やメモやスケッチや、とりとめのない雑文のきれはしなどなど、整理せずに放置しておけばこののちもどんどん降り積もっていきそうな、日々のうたかた。

それを整理しつつ、リアル我が家の押入れにあるものはなるべく処分しつつ、ここにアップしていこうと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)